【ミライラストレーターPROJECT】締めのイベントを実施しました!
2019年07月09日 18:00

今回は、6月21日(金)に実施しました、「ミライラストレーターPROJECT」締めイベントのご紹介をさせていただきます!

「ミライラストレーターPROJECT」って何?という方もいらっしゃるかと思うので、改めて簡単に説明させていただきます!

【1】「ミライラストレーターPROJECT」とは?

サーチフィールド10周年記念として実施いたしました「ミライラストレーターPROJECT」は、10年後にも続くようなクリエイターの皆さまのつながりを作ることをテーマに、これまでもいくつかの企画やイベントを実施してまいりました。

キックオフ・ミーティング
セミナー
・ママイラストレーター座談会(前編)(後編
クリエイター交流会
イラストレーター活動アンケート

そして今回、「ミライラストレーターPROJECT」の締めくくりとして、これまで以上にたくさんの作家様をご招待しての交流会を開催しました!
その様子をご紹介いたします!

■当日のメインプログラム
・座談会
・交流タイム
・ダルマに10年後の夢を託して

【2】座談会

イベントを通じて交流をするだけでなく、現在活躍をされている作家様およびクライアント様の生の話を聞くことで、よい刺激になったり今後の活動に役立ていただくために、今回初の試みとして座談会を開催しました!


ご出演いただきましたのは
村カルキ様
ア・メリカ様
ゆーきっす / 大久保 "youkiss" 優樹様

上記3名に加えて、進行役として弊社代表者を含めた4人での座談会となりました。

テーマは「イラスト業界で働いていくこと」。
聞きたい話はたくさんありましたが、限られたお時間の中で少しでもお越しいただいた皆さんに活かしていただける内容とするために、今回は「絵柄」と「営業・宣伝活動」についてのお話をメインとさせていただきました。

ご活躍をされているア・メリカさん、村カルキさんがどうやって現在の自分の絵柄を確立させていったのか、どうやって営業や宣伝活動をして仕事につながっていったのか、その具体的な方法を知ることができただけでなく、根本にある「もっとイラストがうまくなりたい」「もっと多くの人に自分のイラストを届けたい」「イラストを仕事にしていく」という想いの強さも感じることができました。

ゆーきっすさんはサーチフィールドと仕事的に近いこともあり、私たちは共感させられるお話も多く、作家の皆さんにとっても機会の少ないであろうクライアント側の話を聞くよい機会になったのではないかと思います。
何よりイラストレーターさんへの心遣いや敬意を持って仕事をされている点は、私たちにとっても共感とともに改めて大切な姿勢なのだと感じさせられました。

作家の皆さんも真剣にお話をお聞きいただいており、時にはお仕事あるあるな話で笑いや共感をいただいたり、ちょっとしたウラ話なども聞くことができて、有意義なお時間を過ごしていただけたのではないかと思います!


【3】交流タイム

作家さん同士のつながりを深めていただくと同時に、私たちとしても普段なかなか直接お会いできない作家さんたちと交流を深められる貴重なお時間となりました。

少しでも多くの方と交流を図っていただきやすくするために、今回は「名刺集めゲーム」を同時に行いました!
ルールは簡単で、交流の際に名刺交換をしていただき、一番多く名刺を集めた方に豪華賞品をプレゼントするというものです。

結果、なんと約1時間の交流タイムの中で、29枚を集めた作家様が2名いらっしゃいました!
※賞品はお二人にそれぞれプレゼントをさせていただきました。

他の皆さんも多くの方と名刺交換をしていただけており、逆に集めた数は少ないもののじっくりと話し込まれている様子なども伺うことができ、それぞれ交流楽しみ、関係を深めていただくことができたのではないかと思います。

今回の交流を通して新しい刺激や発見を得て、新たな成長やチャンスに繋がっていってくだされば嬉しいと同時に、それは作家様だけでなく私たちも同様であり、今後もより多くの方と交流を図っていきたいと改めて感じました!


【4】ダルマに10年後の夢を託して

今回のイベント、そして「ミライラストレーターPROJECT」の締めとして、参加者全員に今後の夢をダルマに書いていただきました!

当初より予定をしていた画集と併せて、皆の夢を背負っただるまを未来に向けて託していき、将来この日のことや「ミライラ」のことを一緒に振り返りたいと考えています。

最後には本プロジェクトの代表者である私自ら、皆さんの「夢が叶いますように」という願いをこめてダルマの片目を入れさせていただき、将来皆さんの夢が実現した際にはもう片方の目入れをしたいと思います!

皆の夢が実現し、それぞれがより一層活躍していることを願っています!

【5】終わりに

少々お時間がかかってしまいましたが、このイベントを持って「ミライラストレーターPROJECT」は区切りとなります。

クラウドファンディングへのご支援のおかげで、素敵で貴重な画集を制作することができ、様々なイベントや企画も実施することができました。

また支援者の皆さんはもちろん、画集制作にご協力をいただきました作家様、イベント・企画にご参加をいただきました作家様、その他応援をしてくださった皆様のおかげで無事締めくくりを迎えることができました。

制作した画集とだるまに書いていただいた皆さんの夢、そして今回ご支援いただきました皆さんの想いは、将来一緒に振り返るその日まで私たちがしっかりと届けていきます!


※現在は弊社エントランスに飾らせていただいておりますが、後日大切に保管させていただきます。

「ミライラ」を通じて私たちは大きなパワーをもらいながら新たな10年を歩みはじめました。
将来このプロジェクトを振り返ること、ご協力をいただいた皆さまのことを思い出すことは必ずまた私たちのパワーになっていくと思います!

「ミライラ」は区切りとなりますが、クリエイターの「活躍の場所を見つける」ことを理念として掲げる私たちは、これからもっと多くのクリエイターの皆さまを支援していけるように、今まで以上に邁進して参ります。

改めまして本当にありがとうございました!!