【インタビューvol10】油絵からイラストレーターに転向した現役美大生
2016年06月14日 12:00

こんにちは!株式会社サーチフィールドの高橋です。

最近、イラストレーターさんとお会いする機会をたくさんいただいており、その中で学生さんもたくさんいて、お若いうちからご活躍されている作家様が多くてとてもうれしく思います!今回は、現役美大生でイラストレーターさんとしてご活躍されている『ショゴ』さんにいろいろお話を聞いてきました。

■ショゴさんのご紹介

現役の美大生。大学在学中、油絵を専攻していましたが今年の1月からイラストレーター科に転向されました。油絵からイラストレーターに転向したきっかけはなんだったのか、お聞きしてきました。

──いつごろから絵にご興味を持ちましたか?

父親が広告関係の仕事をしていて幼少のころから色彩、デザイン関係の本が身の回りにある環境で育ちました。その関係で小学生のときにマンガを模写したり、美術の授業が好きでした。父親からは好きなことで食べていけるようになってほしいと教育を受けていて、絵に興味がありなんとなく自信もありましたので、絵に関わる仕事をしていきたいと思い中学校のときに画塾に通い、基本的なデッサンなどを学びました。高校も美術関係の学校に進みました。このときはイラストレーターではなく画家になり個展を開きたいと思ってました!

司書2

──いつから油絵を描こうと思ったんですか?

高校生のときに『油絵』『日本画』『彫刻』『デザイン』の4つの専攻をローテーションして受講するカリキュラムで、一番評価が高い『油絵』が向いていると思い描き始めました。個人的には『油絵』は絵の表現の自由度が高く、自分の描きたいことを描けると思い、大学に入学しても『油絵』を専攻しました。しかし、大学2年生のときにかなり情熱をささげた作品があるのですが、周りからかなりの「酷評」をいただきました(笑)

もっとたくさんの人に見てもらい意見をいただきたいと思ったのですが、油絵は実際にキャンバスがあって初めて成り立つもので、その場に行かなきゃ、絵の本質がわからないものです。その結果、実際にみてもらいたいという思いが強くてインターネットに上げれなくて、手をかけたのに自分の作品が多くの人に見ていただけない環境はとても残念でした。同時に『油絵』でご飯を食べていけるのか不安になりました。

黄昏のシャーマン ゼピュロス

 

──なるほど、なぜそこからイラストレーターさんになろうと思ったのですか?

大学時代に現代アートに興味を持ちはじめて、ギャラリーに足を運んだりしてました。そこでゲーム業界でとても有名なイラストレーターさんと出会い、アシスタントをさせて頂きました。アシスタントだったので、最初から最後までイラストを描きおこしていないのですが、クライアント様のニーズをイラストで表現して評価を頂き、お金をもらい、ユーザーに喜んでいただく経験をしました。

また、イラストはゲームに使用されることが多くて、ネット上でたくさんの人に見てもらえるので励みになります。自分が関わったものが多くの人に見ていただき、評価されて人に喜んで頂けるイラストの素晴らしさに触れて、この仕事でご飯を食べていきたい思いました。もともと、幼少のころからデザイン関係の本を呼んだり、マンガを模写していたのでイラストの仕事に興味がありましたが、この経験でイラストレーターになろうという思いが強くなりました。

ダフネ完成

──そこから、イラストレーターさんとして、現在にいたるまでどのようなご活動をされていたのですか?

自分で描きおこしたイラストを人に見てもらい評価をいただきたいと思いました。最初は多くの人にみてもらえる可能性が高い版権絵を中心に描いて、ネットに投稿してました。だんだん描いていくうちにオリジナルキャラを描いてみたくなり、ソーシャルゲームのイラストコンテストに応募しました。そこで描いたオリジナルキャラがポートフォリオとなり、サーチフィールドさんの『GIKUTAS』からお仕事を頂きました!初めてのお仕事で不安な箇所も多かったのですが、丁寧にご対応いただきとてもスムーズに制作ができました。最初は1つのタイトルでお仕事をいただいておりましたが、今では3つのタイトルでお仕事をご依頼していただき、とても感謝しております!!

ゼタ

──こちらこそありがとうございます!今後イラストレーターさんとしてどのようなご活動をしていきたいですか?

ファンタジー系のイラストや背景ありの1枚絵、トレーディングカードゲームなどやりたいことがたくさんあります!あと、実際に制作現場でしか学べないことがあると思いますので就職していろいろなゲームタイトルの制作に関わりたいです。

──今後とも宜しくお願いします!ありがとうございました

ありがとうございました!

 

おわりに

『ショゴ』さんとお話をさせていただき、お若いのにキャリア設計がしっかりしていてすごいなと思いました!好きな『絵』でご飯を食べていくという思いはかわらずに油絵からイラストレーターさんに転向しご活動をしていくというバイタリティーあふれるイラストレーターさんだと感じました。サーチフィールドは引き続き『ショゴ』さんや駆け出しのイラストレーターさんを支援していきたいと思いますのでよろしくお願いします!