【インタビューvol15】「考えるな、感じろ」の精神で努力を惜しまないイラストレーター
2016年08月24日 12:00

こんにちは!GIKUTAS事業部野村です。

『イラストコンテストにて入賞された方々へインタビュー』シリーズ!

今回はフリーランスにてご活躍されている『もきじぇっと』さんにお話をお伺いいたしました。

◆『もきじぇっと』さんのご紹介

ご本人様曰く、”駆け出しのフリーイラストレーター”としてファンタジー系のソーシャルカードゲームイラスト中心にご活躍されています。

http://www.pixiv.net/member.php?id=2558784
http://mokijet-blog.tumblr.com/

1_a

──まずはご参加いただいたイラストコンテストの作品についてお伺いしたいなと思います。今回の作品のコンセプトについて教えてください。

最近なにかと猫が流行っている印象があって、ねこをモチーフにしたいと思っていました。なのでコンセプトはずばり「ねこの癒し」です。

2

──確かに!猫耳のきれいなお姉さんがおっとりと案内をしてくれているような作品でまさに「ねこの癒し」にぴったりなイラストですね!
その他作品でこだわった部分や、特に見て欲しいところはありますか?

そうですね・・・ポイントでいうと装飾品については注目してもらえたら嬉しいです。
今回は金属感にもこだわっていましたので。

──作品の制作使用ツールを教えてください。

SAIとPhotoshopを使用しています。
普段、基本はほとんどSAIで描きますが、背景などにPhotoshopを使ったりしています。

──素敵なイラストでご応募いただき改めてありがとうございました!
では、今までの事についてもお話聞かせてください。いつごろから絵にご興味を持たれたのですか?

絵を描くこと自体は幼い頃から好きでしたね。
元々アニメが好きでその繋がりで絵をかくことが好きになりました。
絵を描き始めたのは小学校5年生くらいの時からで、その頃は教科書などの落書きも多かった記憶があります(笑)
当時はガンダムやFF(ファイナルファンタジー)のキャラクターを描いていました。

4

──絵の上手な人の教科書の落書きって隣で見てても楽しかったりするんですよね(笑)
そこからイラストレーターになろう思ったきっかけを教えてもらえますか?

以前クリエイティブとは無縁の職場で働いていたのですが、あまりやりがいみたいなものが感じられなかったんです・・・。
そこで、自分の好きなもの、得意なものを活かした仕事をしたいと思いました。
イラストの仕事をしてみたい、今やらなかったらきっと後悔すると思って、一念発起してそこから専門学校に入り基礎的なことを学んだんです。

5

──イラストのお仕事をしてみたいと思い切って決断されたのですね!

そうですね。専門学校に入ったタイミングが遅めだったのでかなり出遅れている感じではあったのですが(苦笑)その分基礎的な事は専門学校でも学びつつ、独学でもイラストの勉強をしていました。

──イラストの勉強は具体的にはどのようにしていたのですか?

先ほども少しお話しましたけど専門学校ではSAI,Photoshop,Illustratorの使い方、デッサン、背景の描き方、クロッキー等基礎的な技術について学んでいました。

独学のほうでは好きなイラストを見つけてそれに近い絵を描いてみるなどとにかくイラストを描くようにしていました。

7

──学校でもご自分でも技術を高めるために努力されていたんですね!
では、普段のお仕事についてもお聞きしたいと思います。1ヶ月の制作枚数はどれくらいでしょうか?

主にソーシャルゲームのイラストを制作していまして、キャラクターの全身と背景の1セットで1ヶ月に3~4枚制作していますね・・・。
まだまだ制作には時間がかかってしまうなと感じています。

6

──作品のアイデアはどうやって生み出していますか?

描きながらまとめていく感じですね。「考えるな、感じろ!」みたいな感じです(笑)

──具体的にはどのように描きつつまとめているのですか?

そうですね・・・まずはやっぱりテーマを決めます。
例えば獣人とかロボットとか人間とかですね。
次にポージングを決めます。本当はここでビシッと決まってしまえばいいのですが、私は無理なタイプなので「こんな感じかな」程度に描いておきます。
ここから順番は無くなって、髪型、配色、服装などひたすらポーズを固めながら描いていきます。
後は「考えるな、感じろ!」とひたすら描いては消しの繰り返しですね。

8

──初めてのお仕事はどんな内容でしたか?

ソーシャルゲームの武器と防具のデザインでした。
武器の場合三面図、防具の場合前側と後ろ側を描かなければならないのでとても大変でした。

──フリーランスになって大変だったこと、大事なことを教えてください。

クライアントさんとの意思の疎通が大事だなと強く感じます。
以前、意思の疎通が上手くいかず何度もリテイクをいただいた時があってそれがとても辛かったですね。
相手の納得いくものを創るという難しさに苦労することもあるので、そこが大変な部分でもあるかなと思います。

9

──今後やりたい仕事や、どのような活躍をしたいか教えてください。

キャラクターデザインやカードゲームのイラストがやってみたいですね!
ファンタジー系の女性や神話系のイラストにもとても興味があります。

11 10

──ファンタジー系のお仕事でGIKUTASでもご紹介できるお仕事があれば是非依頼させて頂ければと思います!素敵なお話をありがとうございました!

ありがとうございました!

■おわりに

「考えるな、感じろ!」という精神でとにかくたくさん描いてイメージを固めていくとお話してくださった『もきじぇっと』さん。
今やらなければと一念発起して勉強をしたご経験などのお話も伺い、たくさん努力しながらご活動されているイラストレーターさんなのだなと感じました。

まだ”駆け出し”と謙遜されていましたが、『もきじぇっと』さんが活躍できるフィールドを私たちGIKUTASも作っていきたいと思いました。

 

今後もイラストコンテストにご参加いただいたイラストレーターさんに色々お話を伺っていきますのでどうぞお楽しみに!

 

ADバナー