2020年代を代表するヒット作の原案を公募!!「Project ANIMA」開催のお知らせ
2018年03月12日 17:00

今回のGIKUTAS MAGAZINEは特別告知!!

 

クリエイターさんの活躍の場所がより広がる

「Project ANIMA」

のご紹介です

 

DeNA・創通・文化放送・MBSの4社主催で次世代を担うアニメ作家を幅広く募集しています!!

https://project-anima.jp

 

「Project ANIMA」はアニメ原案コンテストです。2020年代のアニメファンに捧ぐ新しい作品を創出するための取り組みで、広く一般からアニメの原作を募集します。

また、大賞受賞作以外の作品も「エブリスタから本にしましょう!」とか「担当がついてマンガボックスで連載しましょう!」となる可能性もあります。アニメになるのは各部門1作品だけど、デビューするのは1人じゃない。

この機会に、ぜひご応募してみてください!!

▼募集要項

第一弾「SF・ロボットアニメ部門」、第二弾、第三弾の三部門に分かれ、選出作は、それぞれ株式会社サテライト、株式会社ジェー・シー・スタッフ、株式会社動画工房によってアニメ化されます。作品の審査は「Project ANIMA」プロジェクトチーム四社と各部門の映像化を手掛ける制作会社とが合同で行い、大賞作品がTVアニメ化されるほか、入賞作品についても書籍化・コミック化・ゲーム化などが検討されます。

 

現在募集中のコンテスト
Project ANIMA第一弾「SF・ロボットアニメ部門」
制作:サテライト
特別審査員:アニメ監督 河森正治

◆テーマ◆
SF・ロボット(メカ)をテーマとした作品であれば世界観やコンセプトは自由


◆募集期間◆
 2018年2月1日(木)15:00~4月1日(日)23:59まで

◆募集形式◆
 以下の6つの選考にご応募いただけます。

【小説選考】
10,000文字以上の小説本編(未完結でも可)、もしくは3,000文字以上のプロット(完結必須)
【脚本選考】
800字程度のあらすじ、300字以上の登場人物紹介にくわえ、10,000文字以上の第1話の脚本
【マンガ選考】
800字程度のあらすじ、300字以上の登場人物紹介にくわえ、連載作品としての冒頭3話分(各話20p前後)の完成原稿、もしくは同程度のページ数のネームおよび作画見本
【企画書選考】
800字程度のあらすじ、300字以上の登場人物紹介にくわえ、作品の世界観やプロットのわかる企画書(PDF形式)
【イラスト選考】
A4もしくはB4 サイズのイラスト(jpg形式)1点から5点
作品の世界観、キャラクターデザイン、メカデザインなど主題は不問
モノクロ、カラー、CGなど様式は不問

【動画選考】
60秒以上のアニメーション動画
セル、CG、Flashなど様式は不問

◆選考と賞金について◆
選考は、「小説・脚本選考」「マンガ選考」「企画書・イラスト・動画選考」の3つの選考に分かれ、それぞれの選考ごとに金賞15万円、銀賞5万円を設定。

金賞・銀賞含む複数の作品が最終選考に進み大賞を決定。

大賞作品はアニメ化される他、賞金100万円を授与いたします。

プロデューサーメッセージ/Project ANIMA総合プロデューサー上町裕介(DeNA)

これまでのオリジナルアニメは、プロデューサーと既に実績のあるクリエイターや監督が企画を作っていくスタイルが一般的でした。勿論この中から数多くのヒット作が誕生しているのは言うまでもありません。反面、「新たなクリエイターがどんどん登場して活躍していく」ような環境ではなく、新たな才能の発掘が大きな課題として存在していました。
 その課題を解決する為の一つの方法として、「誰でも参加でき、あらゆる形式で応募でき、それを一流のアニメ制作会社が形にしてくれる」Project ANIMAをスタートさせました。これからのエンタメ業界の主役であるクリエイターやクリエイターを志している方の熱い想いを、アニメ作品として世の中に広めていければと考えています。


是非、Project ANIMAで共に2020年代を代表するヒット作を一緒に作っていきましょう!

また、先日イラストレーターのしまどりるさんと
作家の芝村裕吏さんを交えたイベントの動画もご紹介いたします
https://www.youtube.com/watch?v=F5CJDGk5NxU


ぜひこの機会にご応募ください!